災害ボランティア

🙂 

  • 災害ボランティアセンターとは
    災害時に設置される被災地での防災ボランティア活動を円滑に進めるための拠点です。近年では、被害の大きな災害に見舞われたほとんどの被災地に立ち上げられ運営されています。
    風水害・大地震などの災害が起きた場合、多くのボランティアが全国各地から災害救援に駆けつけることが予測されます。これらのボランティアの力を十分に発揮してもらうためには、各区ごとに災害ボランティアセンターが必要となります。

    • 主な活動内容・・・
      ・被災地のニーズの把握(被災地の暮らしのニーズ収集、チラシ配布等)
      ・ボランティアの受け入れ(情報発信、活動準備、ボランティア受付等)
      ・人数調整、資機材の貸し出し(ボランティア人数調整、道具の準備等)
      ・活動の実施(家屋や避難所などで活動)
      ・報告・振り返り(活動結果、要望などの報告。改善点の話し合い等)

  • 災害ボランティアコーディネーターとは
    上記災害ボランティアセンターで、各地からかけつけるボランティアの受け入れや派遣活動などの 救援活動を行います。一般的に、被災した地域の社会福祉協議会、災害ボランティアコーディネーター養成研修修了者、日頃からボランティア活動に関わっている方たち、行政が協働して担うことが多いです。

☆ボランティアをしたい方へ・・・

・ボランティア活動希望者からの 問合せの対応
・ボランティアの活動選びの支援
・活動先へボランティアの送り出し
・活動後のボランティアのフォローアップ

☆ボランティアを必要とする方へ・・・

・相談対応(困りごとをお聞きする)
・ボランティアでの対応が適切かどうかの判断
・ボランティアを紹介

  • 被災地でのボランティア活動をお考えの皆様
    1. 被災地へのボランティアについては、被災地に入る前に的確な情報入手をしてください。情報は、インターネットから得ることが推奨されています。被災地やセンターに直接問い合わせることのないようにお願いします。(問い合わせの殺到により、関係者の機能が麻痺してしまうため)
    2. 服装を整え、持ち物をしっかり準備する。ボランティア保険加入も忘れないように。
      災害ボランティアの鉄則は、“自己完結” です。
    3. ボランティアであることが識別できる状態で活動してください。
      身分証明書等の携行、腕章等をつけるなど、識別がしやすいようお願いします。
    4. 支援物資も、現地のニーズに合わせて送付してください。
    5. 募金や、事態が収束してからの観光も被災地支援になります。

  • お問合せ
    伊那市社会福祉協議会 総務課 地域福祉係 ボランティア・地域活動応援センター
    住所 〒396-0023 伊那市山寺298-1

ishakyo2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする