6.あそび場発掘プロジェクト

😛

  • あそび場発掘プロジェクトとは?
    地域の公民館など、集いやすい場所を開放して、地域の大人が子どもの見守りを行う活動です。

  • 子ども達のあそび場が必要か?
子ども達
  • 外に遊ぶ場所がない!
  • 異年齢の子や地域の大人と遊ぶ機会がない。
  • 目の届かない所で遊ばせるのは危険。
地域
  • どこの子どもか分からない。
  • 声を掛けていいのか分からない。

地域の大人が見守る中で、安心して子ども達が遊ぶことができる場が必要です。

  • 取り組み方法(例)
①日時を決める 場所や、曜日、頻度、時間などを決める
②ボランティアの役 ボランティアを募る
③周知 学校、PTA,地区児童会、育成会、住民に向けて周知する
④あそび場スタート

  • メリット
    • 異年齢の子ども同士が関わるなかで、年上の子が年下の子の 面倒を見るといった社会性が身に付く。
    • 大人も遊びに来た子どもたちが、どこの家の子かを知ることにより、 地域の中での見守り等の子育てができる。
    • 子どもたちが将来「お世話になった地区に帰ってきて、恩返しを したい」と思える人間に育つ。
    • 子どもたちが大人になった時に地区を担える人材になる。

asobiba1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする