3.福祉懇談会 福祉学習会 福祉講座

🙂

  • 福祉への理解を深めましょう
    地区・地域社協は地域住民の福祉意識の高揚を図り、住民主体の「お互い様の地域づくり」を推進しています。地区内の課題と向き合い、様々な関係者との相互理解をと連携が求められています。

  • 【地域福祉コーディネーターが話すことができる内容】
内容の例
福祉について知識を深める ・地域福祉活動の方法
・アイマスク体験や高齢者疑似体験(ボラの福祉教育へ飛ぶ)
・障害者への理解(発達障害サポーター養成講座、あいサポーター養成講座)
地区について話し合う ・地区内の課題を話し合う
・地区内の助け合いの仕組みについて話し合う
・意見集約し、課題を整理する
・ご近所福祉活動計画の作成
連携を深める ・伊那市社協や地域包括支援センターなど関係機関と連携し、地域の課題などについて話し合う

DSCN6005

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする