高齢者福祉 介護保険サービスを受けるまで

🙂

① 要介護認定の申請をする 申請の窓口は市町村の介護保険担当課になります。申請時には介護保険証(40歳~64歳の方は健康保険証)が必要になります。
② 認定調査を受ける
  主治医意見書
市区町村等の調査員が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。  主治医意見書は市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の紹介する医師の診察を受けます
③ 審査判定 一次判定は訪問調査の結果や主治医意見書の一部をコンピューターにより判定します。二次判定は一次判定や主治医意見書を基に介護認定審査会で審査します。
④ 認定 市町村は審査結果に基づき認定をします。認定結果は申請から原則30日以内にご本人に通知されます。
⑤ 介護サービス計画書の作成 介護(介護予防)サービスを利用する場合は、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。「要支援1」「要支援2」の介護予防サービス計画書は地域包括支援センターに相談し、「要介護1」以上の介護サービス計画書は介護支援専門員(ケアマネジャー)のいる居宅介護支援事業者へ依頼します。
依頼を受けた介護支援専門員は、どのサービスをどう利用するか、本人や家族の希望、心身の状態を充分考慮して、介護サービス計画書を作成します。
⑥ 介護サービスの利用開始

kuru

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする