小出島社協 信州あいサポーター研修

🙂 小出島社協では、福祉に関する学習会を開催しました。今年度は障害を知り、障害者への心配りなどを実践する「信州あいサポーター研修」を行い、30名程度が参加しました。

参加者からは、「今まで、障害のある方へ言葉をかけるのを躊躇していたが、具体的な実践例があり、声をかける勇気をもらった。」「障害について地域で学ぶ第一歩として分かりやすかった。」という感想をいただきました。

手話の体験の様子

DVDによる障害についての学習の様子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする