自分が住む地区に買い物弱者はどのくらいいるのだろう? ~調査報告会のお知らせ~

😛 伊那市と伊那市社会福祉協議会は、流通経済研究所と共同で高齢者世帯(2200世帯)を対象に郵送調査を実施しました。

多くの方にアンケート調査にご協力をいただき、誠にありがとうございました。回収率は57.7%となりました。

今後の買い物支援を検討するうえで、「市内に買い物に困っている方はいるのか?」「どんな支援を希望しているのか?」などの現状分析は重要な情報となります。

ネットワークの中で買い物支援を行うために、市内各地区の買い物環境の分析を東京都の流通経済研究所に依頼し、結果を多くの方と共有したいと考え、報告会を開催いたします。
どなたでもご参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:3月2日(木)午後6時30分~8時
場所:伊那商工会館大ホ-ル
内容:調査分析結果の報告、質疑応答
・買い物の頻度や交通手段、購入に不便に感じている商品
・買い物に不便を感じる理由とは?
・利用したいサービスは? 買い物で重要だと思うことは?
・買い物に不便を感じている人の割合が大きい地域は?

申込:不要

項目 PDF
 食料品の買い物に関する調査報告会  PDF

問合せ 伊那市社会福祉協議会地域福祉係

TEL 73-2541(担当:春日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする