地域ケア会議について理解を深める ~平成28年度地区・地域社協役員研修会の開催~

😛 2月9日(木)、「助け合いの基盤づくり」をテーマに、地区・地域社協役員研修会をいなっせホールで開催し、約200名の方に参加がありました。地域の困りごとを話し合い、解決に向けた取り組みを行うことで、誰もが暮らしやすい地域づくりを目指すために行う「地域ケア会議」。

山寺区、長谷地区、宮田村の地域ケア会議について、取り組みの紹介をしていただき、(株)ケアシステムズの木原勇さんに「助け合いの基盤づくり」と題して、ご講演をいただきました。

木原さんは「助け合い活動は、助ける側・助けられる側に隔てるのではなく、お互いが持っている力や場所、経験などを交換しあうこと。」とし、「地域ケア会議はそれぞれができる事を出し合う場」であるとお話をされました。

地域ケア会議が有意義なものになるように、今後も伊那市社協は地区・地域社協の皆様をサポートしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする