地域のふくしをお届けします 小原地域社会福祉協議会 おやき作りで三世代交流

😛 高遠町の小原地域社協で、「にじいろサロンおやきを作ろう」が行われました。
今は家庭であまリ行われなくなった『えびす講のおやき」を作ってみようと、小原地域社協の三室勲会長が企画し、おやきの作り方を習ったことがあるという会員の協力を得て行いました。

小豆あんを等分して丸めます

参加した竹内周さん(小4)と小松史歩さん(小4)は、「おやきを作るのは初めて。生地をこねるときに、ボールに付いてしまい大変だったけど、楽しかった。」、「今度は切り干し大根や、かぼちゃとかで作ってみたい。」と次回への期待を話してくださいました。

耳たぶくらいの硬さって?

米粉のおやき
材料 16個分
・米粉 3カップ
・もち米粉(白玉粉)1カップ
・中力粉 1カップ
・塩 少々
・熱湯 3カップ
・小豆あん 500g

作り方
①小豆あんを16等分に分けて丸める。
②米粉、もち米粉、中力粉、塩をよく混ぜてから、熱湯を入れて耳たぶくらいの
硬さにこねる。
※白玉粉を使う場合は、あらかじめ粒を砕いておくといい。
③②の生地を16等分にし、①のあんを包み、蒸し器で約15~18分蒸す。
④テフロンのフライバンで、表裏に焼き目をつける。
※中力粉を入れることで、時間が経ってもあまり硬くならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする