伊那市社協職員リレーコラム 食欲の秋!④「らくらく時短おやき」

😛 新連載!社協職員がリレー形式で季節に沿ったテーマを基に、身近な出来事をお伝えします。今回は訪問介護センター高遠です。

🙂 先日、ヘルパーとして支援に入ったお家で、利用者さんより一言・・・
「おやきが作りたいんだけど」

dsc_0026

・・・実は迷いました。「はい」と返事したいけれど、限られた支援時間内におやきができあがるがどうかという心配がありました。しかし
「早くてできあがるいい方法があるから」
というお言葉をいただいたので、利用者さんに指導・監督をお願いして、おやきづくりをお手伝いしました。
主な材料は、地域のねえさん愛用「地粉」です!粉をこねていると、その触り心地に癒されます☆。利用者さんもおやきらしく形が変わっていく様子に、表情がいきいきしています。
今回、時短の救世主となるのが「電子レンジ」!
その利用者さんに限らず、私たちヘルパーが支援している方々の中には、その身体状況から長時間台所に立っていることが難しい方も多くいらっしゃいます。そんな方でも、電子レンジを使えば蒸し器をわざわざ出さなくても大丈夫!
生地で具を包んだ物を、フライパンで両面に焼き目をつけてお皿にとり、数個づつラップをしてチン(^ー^)d☆です。
あっという間に合できあがり!

今回のレシピ(材料)です〜
=らくらく時短おやき(約10個分)=
・地粉(中力粉) 3カップ
・ベーキングパウダー 5g
・水 適量
・具(なす味噌などお好きなもの) 適量
・油 適量
*ポイント 特になし

レンジの加熱時間は焼き加減にもよりますが、3個で3分(600w)を目安に調節してみて下さい。包み方に多少コツがいるかもしれませんが、地域のねえさん達に教えてもらうといいですね。ちなみに、私たちが接する利用者さんには、さんざ(方言:これまでたくさん)台所を切り盛りしてきた経験豊富なねえさん方がいっぱいいます。おやき作りにこだわりのある方も少なくありません。↓は、そんなねえさん達のこだわりの一例です。
・地粉に米の粉をブレンド
・粉に混ぜる水はぬるま湯
・具のなすは生のまま油をかけて調味して餡にする 等々

今回は簡単・時短のおやきを紹介しましたが、おいしくなりそうな工夫を加えて皆さんの『あんばい』で作ってみて下さい。きっとそれがそのおうちの味になるのでしょうね。

寒さとともに秋らしさが増してきました。気楽に気軽にお料理も楽しみながら『食欲の秋』を過ごせるといいですね!
(写真は後日映像です。限られた時間の中で現場では撮影できなかったので、写真用に再現しました。)

dsc_0022
dsc_0028

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする