八幡町「町の縁側」 テーマは七夕☆

🙂 7月6日、八幡町社協で第2回目の「町の縁側」を行いました。
今回のテーマは「七夕」。参加者ひとりひとりに手土産用の笹が手渡され、短冊にお願いを込めました。

facebookfacebookの「八幡町「町の縁側」 テーマは七夕☆」はこちらから!
twtwitterの「八幡町「町の縁側」 テーマは七夕☆」はこちらから!

絵手紙教室の先生でもある民生児童委員さんが短冊や飾りを徹夜で用意してくださり、とても賑やかな七夕飾りが完成しました。
DSCN6170
大きい笹には短冊を集めて飾り、きたっせに展示するそうです。

DSCN6174 DSCN6178

八幡町では今までサロンをしていませんでしたが、「まちの縁側づくり」がきっかけで、このような集いの場を始めてくださいました。今後、縁側の看板を差し上げたいと思っています。

「人生で初めて短冊にお願いごとを書いたよ。とても楽しかったよ。」と喜んでいただけました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする