「まちの縁側」紹介 とみや

😛 「まちの縁側」が流行る前から、ここは商店街の「縁側」
高遠町西高遠の商店街にある「とみや」。このお店は、駄菓子屋の他に、古本屋「陽炎堂」から仕入れた古本が並んでおり、「高遠ブックフェスティバル」を盛り上げます。その「とみや」の前には丸いテーブルと腰掛けが置いてあリます。そこはまさに「昼間の縁側」「夜の縁側」。
夜の縁側にはお酒を飲みに近所の人達が集います。店内にはテーブルとべンチが置いてあり、ー服できるスペースとなっています。「店の中にいるだけでつながりは生まれない。新しいアイディアは、出会った人との会話の中で発展していく」と、店主の有賀さん。縁側という場所が好きなのは、出会いがきっかけとなり、構想が広がるから。有賀さんはこれからも2階のスぺースを活用し「まちづくり」をしていきたいそうです。子供から大人まで「ヒト」が集う。駄菓子や古本、お酒などの「モノ」が行き交う。そこから出来事や物語などの「コト」が生まれる。ここはまさに、ヒト・モノ・コトが混ざり合っている縁側です

「まちの縁側」が流行る前から、ここは商店街の「縁側」
高遠町西高遠の商店街にある「とみや」。このお店は、駄菓子屋の他に、古本屋「陽炎堂」から仕入れた古本が並んでおり、「高遠ブックフェスティバル」を盛り上げます。その「とみや」の前には丸いテーブルと腰掛けが置いてあリます。そこはまさに「昼間の縁側」「夜の縁側」。
夜の縁側にはお酒を飲みに近所の人達が集います。店内にはテーブルとべンチが置いてあり、ー服できるスペースとなっています。「店の中にいるだけでつながりは生まれない。新しいアイディアは、出会った人との会話の中で発展していく」と、店主の有賀さん。縁側という場所が好きなのは、出会いがきっかけとなり、構想が広がるから。有賀さんはこれからも2階のスぺースを活用し「まちづくり」をしていきたいそうです。子供から大人まで「ヒト」が集う。駄菓子や古本、お酒などの「モノ」が行き交う。そこから出来事や物語などの「コト」が生まれる。ここはまさに、ヒト・モノ・コトが混ざり合っている縁側です。

DSCN7999  DSCN8649

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする