伊那市のまちをよくする仕組み赤い羽根共同募金

🙂 期間10月1日(木)~12月31日(木)
赤い羽根共同募金の目的
共同募金運動は、住民相互の助け合いを基調とし、地域福祉の推進を目的としています。誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、自ら地域をつくっていく多様な活動を、財源面から支援します。
今年度も10月1日から全国一斉に共同募金活動が展開されます。伊那市も皆さまの善意により、目標額12,500,000円を達成したいと考えております。赤い羽根共同募金にご協力をお願いいたします。

DSC_0141
自分の住むまちが好き、だから、すっと住み続けたいまち。
そんな気持ちを支える仕組みが赤い羽根。
たくさんの人々の優しさが、共同募金を支えています。

皆様の募金の65%は伊那市で活用されます
平成26年度にお寄せいただいた募金は、11,945,188円でした。いただいた募金のうち、
4,285,000円(約35%)は長野県共同募金会の広域的な配分事業へ。7,660,188円(約65%)は伊那市で以下の通り配分されます。

地区社協活動費               1,300,000円
地域福祉推進事業               820,188円
(地区・地域社協が行う地域の交流事業への助成)
福祉団体・ボランティア団体活動費助成    1,400,000円
(市内で活躍するボランティアの活動費の助成)
災害見舞金、遺児見舞金            380,000円
(災害に遭われた方や病気なとで親御さんを亡くされた遺児の皆さんへの見金の給付)
福祉広報費                  1660,000円
(社協報「ふくし伊那」などの作成費)
居場所支援事業                1,700,000円
(誰もが集え、きずなや出番が見つけられる居場所づくりの支援)
新規社会福祉事業に関する調査及び企画     400,000円

DSCN2486

溝ロ地域社協のにじいろサロン

長野県共同募金会伊那市共同募金委員会
会長 白鳥孝(伊那市長)
問合せ 伊那市社会福祉協議会内
伊那市山寺298-1
TEL 73-2541

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする