みんなが「幸せ」に暮らすには 伊那市社協が取り組む福祉教育

😆  福祉教育というと、どんなことを思い浮かべますか?「手話や点字の学習」、「車いす体験」、「高者の疑似体験ト-様々あリますが、体験だけでは障害者や高齢者の不自由さのみが伝わってしまいがちです。伊那市社会福社協議会が取り組む福祉教育は、技術学習や体験と合わせて、当事者の方のお話を聞いたり、福祉教育副読本を使うことで、「みんなが幸せに第らせるようにするにはどうしたらいいのか」を考えていただけるように支援します。

①聞こえないってどんなこと
当事晋の方にお話をうかがいます。

DSCN5536
「どうやって」ミュニケーションをとるの?」
「家にお客さんが来たことを、どうやって知るの?」

②手話を習ってみよう

DSCN5531

車いす体験

①車いすについて知ろう

阜いすの広げ方や段差の越え方など、
基本的な作方法について学びます。

②車いすに乗ってまちに出てみよう

DSCN4598

「自動販売機の上のボタンは押せないなあ」

③バリアフリ-マップを作ってみよう

高齢者疑似体験

①〇○年後の自分を想像しよう
高化の現状や「老いる」ことについて、
福祉教育副読本を使って学びます。
②高齢者になってみよう

DSCN1184
③高齢者にやさしい環境について考えよう

福祉教育に関するご相談やお問合せ
伊那市社会福祉協議会ボランティア・地域活動応援センタ
TEL 73-2541FAX76-7036 (担当:中山・西澤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする