第38回信州発 ボランティア・地域活動フォーラム

地域のふくしをお届けします!
第38回信州発 ボランティア・地域活動フォーラム
〜かみいな発!集い 語らい 学び合い ありのままを伝える〜
「地域づくり・人づくり 誰もがいきいきと暮らせる地域へ」

ボランテイア活動や地域活動は、時代の変化と共に多様化しながら多くの活動が展開されてきました。魅力あるボランティア活動や地域活動を紹介しあうことで、地域づ<りや支え合いを再認識したり、新たな活動や間題解決のヒン卜を得る機会となるように、「第38回 信州発ボランティア・地域活動フォーラム」が11月8日〜9日に信州高遠青少年自然の家で開催されました。 フオーラムは地元市町村ボランティアで組織する第38回信州発ボランティア・地域活動フォーラム実行委員会と、 長野県社協の共催で開催され、上伊那地域8市町村をはじめとする県内各地から社協関係者やボランティア約300人が集いました。

オープニングセレモ二ーは、高遠小学校の特設クラブの児童が、天下統一を目指す織田軍と武田軍の壮絶な戦いを題材にした 孤軍高遠城 の舞いを披露し、幕を開けました。

続いて、内山志づ子フォーラム実行委員長が 「普段行っている地域に根ざした活動の、ありのままの姿を見せることにより、 活動内容や課題を語り合い、学び合える機会としたい」とあいさつをしました。
参加者は、マップを片手に青少年自然の家の本館やロッジを巡り、県内各地のボランティアや地域活動を紹介した「活動パビリオinかみいな」 で活動者と交流しました。

また、テーマ別研究会では、災害のこと、子育てのこと、助け合いのこと、ボランティア活動の4 つのテー マにわかれ、誰もがいきいきと安心して暮らせる地域づくリを考えました。

「活動パビリオンinかみいな」の伊那市ブース「やしょうまづくり体験」

michi

テーマ別研究集会「災害時から復興支援まで、改めて振り返るボランティア活動」

kaigi1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする