『ふれあい、支えあい、助け合う、お互い様の地域づくり』のために 平成30年度 社会福祉法人 伊那市社会福祉協議会 新規事業と充実事業

いきいきと暮らし続けられる地域づくり

地域力強化モデル事業の推進
「お互い様の関係」と「みんなが主役」の豊かな地域づくり
①生活支援や介護予防の担い手となる「生活支援サポーター」や、地域福祉活動推進のリーダーの育成をします。
②福祉懇談会の開催による住民の当事者意識の醸成や、地域課題の把握、情報共有などを図ります。

福祉分野の枠を越えた協働で地域課題を解決する仕組みづくり
①「買い物支援地域づくりネットワ-ク会議」を開催し、買い物弱者支援のあり方を住民、事業者と共に検討します。
②高齢者や障害者、子どもといった避難行動要支援者への支援が適切かつ円滑に行われるよう、「災害時住民支えあいマップ」の作成や「福祉避難所」などについて、関係機関と検討します。

他機関の協働による包括的支援体制の取組み
複合化・複雑化した課題をもつ世帯への総合的支援のコーディネート
①「相談支援包括化推進員」を配置し、課題の把握や支援プランの作成、支援機関との連絡調整などを行います。
②就労することが困難な方に、「墓地見守りサービス」などの軽作業を通じ、就労に必要なスキルを身につけ、社会的自立を目指します。

地域で暮らすお手伝い

高齢者・障害者福祉サービスの充実
介護予防で元気に暮らすお手伝い
①高齢者の「自立支援・介護の重度化防止」を助ける、質の高い介護サービスの提供に努めます。
②「脳いきいき教室」では、伊那市と連携し、より多くの事業対象高齢者に参加していただけるよう、合った柔軟な内容のプログラムづくりに努めます。

自分らしく地域で暮らすための支援
①障害のある方が、日々の生活に充実感や楽しみを感じられるよう、「就労継続支援事業」や「生活介護事業」などの充実を図ると共に、地域のニーズに応えるために、新しいサービスの提供について研究を継続します。
②障害のある方の自立した生活を支援するために、関係機関との連携を強化し、相談支援体制
の充実を図ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする