「伊那市寄付マルシェ」シンボルマーク&キャッチコピーコンテスト表彰式 「わたしたちのまち やさしいな」

🙂 伊那市共同募金委員会が、平成28年からスタートした赤い羽根共同募金の新しい取り組み「伊那市寄付マルシェ」。そのシンボルマークとキャッチコピーを募集したコンテストの表彰式が、1月28日(日)に伊那市福祉まちづくりセンターにて行われました。

このコンテストは昨年10月から12月にかけて、伊那市内在学・在住の小・中・高・大学生、イベントにおけるワークショップ参加者を対象に、伊那市寄付マルシェに使用されるシンボルマークとキャッチコピーの募集を行ったものです。

シンボルマーク作品、キャッチコピー作品と多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。表彰式には、受賞者8名全員が出席し、伊那市共同募金委員会副会長・伊那市社会福祉協議会の伊藤隆会長より表彰を行いました。シンボルマーク最優秀賞は熊澤眞秀(まほ)さん、キャッチコピー最優秀賞は馬場大和(ひろかず)さん「わたしたちのまちやさしいな」です。最優秀賞となったシンボルマーク作品は、まるヘい商店デザイナーの平澤正貴(まさたか)さんにより素敵なシンボルマークができあがりました。

これらの作品は今後、伊那市寄付マルシェに関わる各種印刷物や寄付つき商品などに使用していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする