「いずみの会」に地域福祉コーディネーター参加!

🙂 沢町内会だから、『いずみの会』・・とてもおしゃれなネーミングのいきいきサロン。
先日、担当地区の地域福祉コーディネーターとして参加させていただきました。

この日は神山民江さんによる「折紙と朗読を楽しむ」会。

日野原重明さんの「いのちの授業」や、佐藤愛子さんの「九十歳。何がめでたい」などを朗読していただきました。

地域福祉コーディネーターは、伊那市社協に六名配置されており、各担当地区を持っています。

私たちは、住民主体の支え合い活動を推進するために、組織化やネットワークづくりのお手伝いを行うことがお仕事です。なので、このようにサロン活動に参加して、住民の皆さんから地域の事を教えていただいています。

伊那市内でも色んな地域性や歴史、雰囲気があって面白いのですが、すでに助け合いができているなーと感じます。
これを続けながら、さらに良くしていく。
私たちはそんなお手伝いができたら‥と思っております。

(地域福祉係 春日)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする